活動報告:2018年


Medical MARKSTAR 2019年 活動報告
Medical MARKSTAR 2017年 活動報告


テーマ: 中枢神経系・運動器系に対するハンドリングのポイント〜技術向上のコツと臨床的アプローチについて〜」

日 時:2018年11月23日(金祝)10:00〜16:00

講 師:藤井 誉行 先生(理学療法士、Fリハビリテーション平塚 管理者、神経系専門理学療法士)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:「道具(福祉用具)とADLから紐解く、環境設定に対するリハビリテーション」

日 時:2018年11月11日(日)10:00〜16:00

講 師:松田 哲也 先生(作業療法士、JCHO 湯河原病院 主任、神奈川活動分析研究会 副代表)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:脳卒中片麻痺者に対する歩行と装具のバイオメカニクス

日 時:2018年10月21日(日)10:00〜16:00

講 師:山本 澄子 先生(工学博士、国際医療福祉大学大学院 教授、Gait Solution開発者、バイオメカニクスの第一人者)

会 場:ウィリング横浜


テーマ: 呼吸リハビリテーション〜基礎知識と実際のアプローチ方法〜

日 時:2018年10月8日(月祝)10:00〜16:00

講 師:岡村 正嗣 先生(理学療法士、横浜市立大学附属病院、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士、認定理学療法士《呼吸・循環・脳卒中》)

会 場:ウィリング横浜


テーマ: 「手関節・手指の障害とスプリンティング〜基礎知識と実際のスプリント作成を見て学ぶ〜

日 時:2018年9月24日(月祝)10:00〜16:00

講 師:仲木 右京 先生(作業療法士、東京ハンドセラピィ研究会 会長、日本作業療法士協会 認定作業療法士)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:各脊椎疾患に対するリハビリテーション〜各疾患の特性と時期別アプローチ方法〜

日 時:2018年9月16日(日)10:00〜16:00

講 師:三谷 典生 先生(理学療法士、一関病院 リハビリテーション室 室長、WatPo Traditional Medical foot Massage Course 修了認定)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:「脳卒中片麻痺者に対する基本動作の評価とアプローチ」

日 時:2018年8月26日(日)10:00〜16:00

講 師:冨田 昌夫 先生(理学療法士、藤田保健衛生大学 客員教授、Steps to follow著者、数々の著書・論文・受賞歴あり)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:「リハビリテーション栄養 〜基礎知識と臨床での評価・介入のポイント〜 」

日 時:2018年8月5日(日)10:00〜16:00

講 師:高橋 浩平 先生(理学療法士、田村外科病院リハビリテーション科 科長、日本PT学会 栄養・嚥下理学療法部門 運営幹事)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:高次脳機能障害を紐解くための脳画像〜各症状の予測や、評価・アプローチに繋げる脳画像の解釈〜

日 時:2018年7月22日(日)10:00〜16:00

講 師:唐沢 彰太 先生(理学療法士、脳梗塞リハビリセンター 事業部長、日本認知神経リハビリテーション学会 実技指導者)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:摂食・嚥下障害に対するリハビリテーション〜PT・OT・ST・Nrsに必要な基礎知識と、評価・アプローチのポイント〜」

日 時:2018年7月1日(日)10:00〜16:00

講 師:粉川 将治 先生(言語聴覚士、クローバーホスピタル ST主任、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:股関節疾患に対する術後リハビリテーション〜THAを中心とした基礎知識と評価・アプローチのポイント〜

日 時:2018年6月10日(日)10:00〜16:00

講 師:湯田 健二 先生(理学療法士、海老名総合病院リハビリテーション科 科長、C.I.T Japan 代表)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:肩関節疾患に対するリハビリテーション〜バイオメカニクスと運動機能の評価〜

日 時:2018年5月20日(日)10:00〜16:00

講 師:千葉 慎一 先生(理学療法士、昭和大学病院附属東病院 係長、元読売ジャイアンツ専属トレーナー)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:脳卒中における脳画像の診かた〜読影の基礎知識と、実際の脳画像+症例動画を見て学ぶ〜

日 時:2018年5月5日(土祝)10:00〜16:00

講 師:代表  出口 雅大(作業療法士、衣笠病院 主任補佐、Medical MARKSTAR 代表)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:感覚・知覚に対する評価と治療 〜脳血管疾患と整形外科疾患に対する臨床的アプローチ〜

日 時:2018年4月29日(日)10:00〜16:00

講 師:木村 亮太 先生(作業療法士、磯子中央病院 主任、帝京科学大学 非常勤講師、放送大学 ティーチングアシスタント)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:「内部障害に対するリハビリテーション 〜基礎から学ぶ呼吸・循環・リスク管理〜

日 時:2018年4月8日(日)10:00〜16:00

講 師:岡村 正嗣 先生(理学療法士、横浜市立大学附属病院、呼吸・循環器系認定資格各種保有)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:「脳卒中片麻痺者に対する立位・歩行の評価と治療」

日 時:2018年3月21日(水祝)10:00〜16:00

講 師:藤井 誉行 先生(理学療法士、Fリハビリテーション平塚 代表、神経系専門理学療法士)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:「ADLの評価と介入〜身体機能面と環境について〜

日 時:2018年3月11日(日)10:00〜16:00

講 師:松田 哲也 先生(作業療法士、JCHO 湯河原病院 主任、神奈川活動分析研究会 副代表)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:臨床で役立つ姿勢・動作分析 〜クラインフォーゲルバッハの運動学と生態心理学的視点を加えて〜

日 時:2018年2月18日(日)10:00〜16:00

講 師:玉垣 努 先生(作業療法士、神奈川県立保健福祉大学 専攻長・教授、脊髄損傷作業療法研究会・よこすかOT勉強会 代表

会 場:ウィリング横浜


テーマ:「肩甲帯を含めた上肢の触診技術 〜基礎から臨床に役立つポイント〜」

日 時:2018年2月12日(月祝)10:00〜16:00

講 師:吉永 光恵 先生(理学療法士、脳卒中運動機能回復研究所 hikari整体サロン 代表、タナベセラピー治療院 元店長)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:「エビデンスに基づく促通反復療法(川平法)〜基礎からアプローチ方法まで〜」

日 時:2018年1月28日(日)10:00〜16:00

講 師:大郷 和成 先生(作業療法士、NPO法人laule'a 副理事長、かながわ促通反復療法連絡会 代表)

会 場:ウィリング横浜


テーマ:「橈骨遠位端骨折に対するリハビリテーション〜基礎から学ぶ、評価のポイントと治療各論〜」

日 時:2018年1月14日(日)10:00〜16:00

講 師:仲木 右京 先生(作業療法士、東京ハンドセラピィ研究会 会長、日本作業療法士協会 認定作業療法士)

会 場:ウィリング横浜