理学療法士 作業療法士 PT OT セミナー 講習会 日程77

テーマ:「股関節疾患に対する術後リハビリテーション〜疼痛緩和と術後リハビリ(人工骨頭やTHAを中心に)〜

 

・「股関節疾患に対する基礎知識バイオメカニクスを学びたい」

・「術式や手術の基礎知識を学びたい」

・「術後レントゲンのチェックポイントを聞きたい」

・「術後のリスク管理リ評価のポイントを教えてほしい」

・「術後リハの疼痛緩和の方法プロトコルを教えてほしい」

・「術後リハビリテーションについて、実技を通して学びたい」

 

 高齢者における股関節疾患に対する手術は、医学の進歩と共に術式は多彩となり、手術の正確性や侵襲範囲の減少・在宅復帰率の向上など、日々発展的に進化を遂げております。そして術後の身体機能の向上に必要不可欠なものとして、第一にリハビリテーションが挙げられます。術後リスク管理の下、どのように股関節を評価し、プロトコルや医師との協議の下、適切な運動負荷やアプローチ方法を決定するのはセラピストの大きな役割と言えるでしょう。

 

 術後リハビリテーションにおいて、可動域の向上や疼痛緩和歩行能力やADL能力など、様々な課題に対しアプローチしなければなりません。今回の講習会では、人工骨頭やTHAを中心とした評価のポイントやアプローチに必要な知識・技術などを基礎から学ぶことのできる機会になるかと思います。

 

 講師の先生は、股関節リハビリテーションやバイオメカニクスの領域にて全国的にも有名な、元海老名総合病院リハビリテーション科科長の湯田健二先生をお招きし開催いたします。実技を交えてわかりやすくご解説いただき、すぐに臨床で活かすことのできる内容となるでしょう。

 

【講習会の概要】

・股関節疾患の基礎知識とバイオメカニクス

人工骨頭やTHAの術式レントゲンのチェックポイント

・術後リハにおけるリスク管理や評価のポイント・疼痛緩和の方法

・術後のプロトコルやアプローチのポイント

 

ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。


日 程:2024年8月4日(日)

時 間:10:00〜16:00(受付開始 9:30〜)

講 師:湯田 健二 先生(理学療法士、元海老名総合病院リハビリテーション科 科長)

会 場:ウィリング横浜 12階 研修室125~126

受講費:7800円

形 式:会場参加型(講義・実技)

 

その他:実技を行いますので、動きやすい服装のご用意をお願いいたします。

その他:実技の際にはマスクの着用をお願いいたします。

その他:作業療法士 → 生涯教育制度基礎コースポイント 1ポイント 認定


股関節 術後リハビリテーション お申込みはコチラ
湯田先生の講師紹介ページへ
MARKSTARへのお問い合わせページへ


股関節 術後リハビリ パンフレット