理学療法士 作業療法士 PT OT セミナー 講習会 日程78

テーマ:「呼吸リハビリテーション〜急性期から慢性期まで、必要な基礎知識とアプローチを学ぶ

 

・「呼吸リハ/呼吸理学療法を基礎から学びたい」

・「呼吸リハに関する臨床的な評価法を学びたい」

・「血液データ酸塩基平衡について聞きたい

・「画像の見方リスク管理ポジショニングなどのポイントを聞きたい」

・「急性期から慢性期まで、各時期の徒手的なアプローチ方法を整理したい」

・「各時期における評価・アプローチのポイントを押さえておきたい

  

 呼吸リハ/呼吸理学療法と聞くとPTをイメージしやすいのですが、実際には呼吸に関わるPTOTSTそれぞれに必要な知識・技術であり、専門性を活かす上でも1つの武器となるアプローチです。

 しっかり学ばないと難しいと思われがちな呼吸リハ/呼吸理学療法ですが、この講習会では基礎からわかりやすく解説し、同時に臨床的な評価アプローチ方法急性期から慢性期までの各時期に合わせた呼吸リハビリテーションをお伝えするため、新人や若手の方でも抵抗感なく受講していただけるはずです。

 高齢者においては発症率や死亡率の高い肺炎を中心に、急性期病院などでは特に関わることの多くある呼吸器疾患ですが、実際に呼吸リハ/呼吸理学療法が必要な対象者はそれだけでなく、排痰が必要なケースやバイタル確認の1つのツールとしても、呼吸リハ/呼吸理学療法の知識・技術は必要不可欠と言えるでしょう

 

 今回、超急性期から慢性期まで、呼吸器疾患のリハビリを長年経験されている豊田先生をお招きし、講義と実技を基礎から臨床的な部分までわかりやすく解説いただきます。

 

【講習会の概要】

・呼吸リハビリテーション/呼吸理学療法とは

・呼吸リハに関する評価・フィジカルアセスメントについて

・血液データや酸塩基平衡などの客観的評価や画像所見について

・呼吸リハビリテーション/呼吸理学療法の実際のアプローチ方法(基本的な手技やポジショニングなど)

急性期から慢性期まで、各時期の徒手的なアプローチ方法〜実技あり〜

 

ぜひ、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


日 程:2024年8月25日(日)

時 間:10:00〜16:00(受付開始9:30〜)

講 師:豊田 和典 先生(理学療法士、JAとりで総合医療センター 技師部長)

会 場:ウィリング横浜 12階 研修室121~122

受講費:7800円

形 式:会場参加型(講義・実技)

 

その他:実技を行いますので、動きやすい服装のご用意をお願いいたします。

その他:聴診器と大きめのバスタオルをご持参下さい。

その他:実技の際にはマスクの着用をお願いいたします。

その他:作業療法士 → 生涯教育制度基礎コースポイント 1ポイント 認定


呼吸リハビリ 呼吸理学療法 お申込みはコチラ
豊田先生の講師紹介ページへ
MARKSTARへのお問い合わせページへ


呼吸リハビリテーション パンフレット